会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら

会員登録しなくてもお買物できますが、ご登録していただくことにより、次回ご注文の際ご住所などのデータ入力のお手間を省くことができます。
ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
rss atom

携帯からのご利用は
当ショップは携帯からもご利用いただけます。
下記二次元バーコードを携帯に読み取りさせていただくことでアクセスすることができます。
まごころ情報館QRコード

リンクサイト

ガレノスのホームページです。


Yahoo!ショッピングをご利用の方は
健康と美のガレノス

楽天市場をご利用の方は、
医療食・介護食のまごころ情報館

ホーム スローライス スローライス 140g×12/ケース 【低GI食品】

スローライス 140g×12/ケース 【低GI食品】
・ 型番
044018339G-86220392
・ 定価
1,920円(税込2,074円)
・ 販売価格

1,715円(税込1,852円)

・ 購入数
特 徴
     
低GIとカロリーコントロール、
「ごはん」とはじめてみませんか。

高アミロース米「雪の穂(登録品種名)」は、
北海道の穂別で生まれたアミロース含量25%のお米です。
広大な大地で育まれた「雪の穂」を、こだわりの高圧無菌製法でふっくらおいしく炊き上げ、手軽なパックごはんにしました。
カロリーにも配慮した「スローライス」で日本人の主食「ごはん」を中心としたバランスがよく、低GIな食生活をはじめてみませんか?


●カロリー30%カット熱量160kcal/140g

※日本食品標準成分表2010水稲めし(精白米)と比較
カロリーカット

●北海道産高アミロース米「雪の穂」(登録品種名)使用

アミロース含量25%

●グリセミック・インデックス(GI値)40(自社データより算出)


●食べ切りサイズ140g包装、1パック160kcal(2単位)


●ふっくらおいしく炊き上げたパックごはんで、毎日手軽に召し上がって頂けます。



スローライスQ&A
Q.スローライスは、どのような特長の製品ですか?
A.普通のごはんに比べてGIが低い(GI値:40)パックごはんです。

Q.GIとは、何ですか?
A.GI(グリセミック・インデックス)は食品中の炭水化物(糖質)が体内で消化吸収される度合いを、ぶどう糖を100として数値化したものです。炭水化物の量が同じでも食品によって消化吸収の速さに違いがあり、GIが低いほど消化吸収がおだやかです。コシヒカリはGI値80と報告されています。

Q.スローライスはどんなお米を使用していますか?
A.北海道産の「高アミロース米」を使用しています。

Q.高アミロース米とは?
A.アミロース含量25%以上のお米です。
お米の炭水化物(糖質)は”でんぷん”です。でんぷんの構成成分には、アミロースとアミロペクチンの2種類があり、お米の品種によって構成割合は異なります。私たちが普段食べているお米のアミロース含量は17〜20%程度、一方、もち米のアミロース含量はゼロです。一般にアミロースはアミロペクチンに比べ消化吸収がおだやかです。

Q.スローライスは、どのような方のための製品ですか?
A.炭水化物(糖質)の摂取量を抑えていらっしゃる方、ごはん好きでついつい食べ過ぎてしまう方、GIの低い食事を心がけていらっしゃる方 等にお奨めします。


お召上がり方
お召上がり方


賞味期間
     
製造後8ヵ月間(常温保存)

※メーカーから出荷された時点ですでに期限が短い場合がございます。まとめ買いをご検討の際は、前もってお問合せください。

包装単位
     
140g×12/ケース


原材料名
     
うるち米(国産)、酸味料


標準組成
     
標準組成(スローライス)
成  分 1パック140gあたり 100gあたり
熱  量 160 kcal114 kcal
たんぱく質 3.0 g2.1 g
脂  質 0.4 g0.3 g
糖  質 35.6 g25.4 g
食物繊維 1.1 g0.8 g
ナトリウム 7 mg5 mg
カリウム 14 mg10 mg
リ  ン 29 mg21 mg
水  分 99.8 g71.3 g
食塩相当量 0 g0 g

 GI値                         40  自社データより算出


使用上の注意
調理後は熱いので、十分に取扱いにご注意ください。
フィルムに水滴がつくことがありますが、温度変化によるものであり品質に問題はありません。



*このサイトは、一般的な健康情報をご提供するものであり、
 診断・診察または医療行為についての情報を提供するものではございません。
 なお、ご自身の症状については、かかり付けの医療機関、または医師・栄養士にご相談下さい。